• 記者会見 デザインバックパネル
  • 展示会クイックパネル(スペースデザインパネル)
  • ロールアップ バナースタンド
  • 横断幕・懸垂幕
  • タペストリー
goodjobnews
  • 販促計画ブログ(制作・施行事例)
  • 各種加工一覧
  • 見積もり無料 気軽にお問い合わせください
  • デザインデータ制作 (有料サービス)
  • テンプレートダウンロード
  • 納期について 事前にご覧ください
  • facebook
  • twitter
  • google plus

データ作成時の注意

■Illustratorデータに関して

・Illustratorのバージョンは、「CC」まで対応しております。

・カラーモードは「CMYK」にしてください。

・すべてのフォントを「アウトライン化」してください。

・トリムマークを作成し、3mm塗り足し部分までデザインを伸ばしてください。

・特色の指定をしないでください。

・保存の際に「Illustratorオプション」内の「PDF互換ファイルを作成」にチェックを入れないでください。また、「圧縮を使用」のチェックは入った状態でお願いします。

・原寸サイズでデータを作成されない場合は、必ず縮小率と仕上がりサイズを欄外等に明記してください。(原寸での作成推奨)

■Photoshopデータに関して

・psd、eps形式で作成してください。psd形式の場合は、画像を統合してください。

・カラーモードは「CMYK」にしてください。

・ピクセル縦横比は正方形ピクセルでお願いします。

・解像度は、ポスターなど比較的至近距離で見るものに関しては200〜300dpi程度、バックパネル・各種バナースタンド・看板などの様にサイズが大きく離れて見るものに関しては、原寸で70〜100dpi程度。(100dpi推奨)

■入稿時の注意点

・入稿データと合わせて確認用のJPG画像をつけてください。

・配置した画像ファイルをすべて同一フォルダ内に入れてください。

・メールやファイル転送サービスで入稿される場合は、必ず圧縮してください。(zip推奨)

※ハトメ加工、縫製加工やチチ加工をご希望の場合、いただいたデータを加工サービスに合わせて弊社にて調整する場合がありますので予めご了承ください。

■記者会見バックパネル 入稿データ作成時の注意点

< < 屋内用3×3 > >

屋内用SD2250:データイメージ

有効表示サイズW2250×H2250mmに対し、周囲の塗り足し3mmまでデータを伸ばして制作してください。

印刷時に印刷方向に若干(20mm程度)の伸びが生じます。
ロゴタイプやテキストなど切れて欲しくないオブジェクトは、仕上りサイズより左右20mm内側に配置してください。

テンプレートはコチラから

■フリーフォーマット ダウンロード

■市松模様 7×7 ダウンロード

■市松模様 9×9 ダウンロード

< < 屋内用4×3 > >

屋内用SD2980:データイメージ

有効表示サイズW2980×H2250mmに対し、周囲の塗り足し3mmまでデータを伸ばして制作してください。

印刷時に印刷方向に若干(20mm程度)の伸びが生じます。
ロゴタイプやテキストなど切れて欲しくないオブジェクトは、仕上りサイズより左右20mm内側に配置してください。

テンプレートはコチラから

■フリーフォーマット ダウンロード

■市松模様 9×7 ダウンロード

■市松模様 12×9 ダウンロード

< < 屋外用 > >

屋外用ODタイプ:データイメージ

有効表示サイズW2400×H1250〜2400mmに対し、上に55mm、下に55mm、データを伸ばしてください。
(本体へセットするために必要な部分です)

その上で、周囲の塗り足し3mmで制作してください。入稿データサイズはW2406×H1366〜2516mmが入稿データサイズとなります。

テンプレートはコチラからダウンロード

■ロールアップバナースタンド 入稿データ作成時の注意点

< < SD600 > >

SD600:データイメージ

有効表示サイズ W600×H1590mmに対し、上に10mm、下に50mm、データを伸ばしてください。(本体へセットするために必要な部分です)
その上で、周囲の塗り足し3mmで制作してください。

入稿データサイズはW606×H1656mmとなります。

テンプレートはコチラからダウンロード

< < SD850 > >

SD850:データイメージ

有効表示サイズ W850×H2000mmに対し、上に10mm、下に50mm、データを伸ばしてください。(本体へセットするために必要な部分です)
その上で、周囲の塗り足し3mmで制作してください。

入稿データサイズはW856×H2066mmとなります。

テンプレートはコチラからダウンロード

< < DX850 > >

DX850:データイメージ

有効表示サイズ W850×H1990mmに対し、上に10mm、下に40mm、データを伸ばしてください。(本体へセットするために必要な部分です)
その上で、周囲の塗り足し3mmで制作してください。

入稿データサイズはW856×H2046mmとなります。

テンプレートはコチラからダウンロード

■Xバナースタンド 入稿データ作成時の注意点

< < DX-X800 > >

DX-X800:データイメージ

有効表示サイズ W800×H1500〜2000mmに対して、周囲の塗り足し3mmで制作してください。

※ハトメを打つので四隅40mm四方にはテキストや写真・イラスト等がかぶらないようにご注意ください。

入稿データサイズはW806×H1506〜H2006mmとなります。

テンプレートはコチラからダウンロード